寝ずの番

INTRODUCTION

昭和15年生まれ、5歳で映画デビューという芸歴半世紀にもわたる俳優・津川雅彦が、日本映画界の創始者である祖父・牧野省三(マキノ省三)、早撮りの名手としてならした伯父・マキノ雅弘が築いた“大名跡・マキノ姓”を襲名した。

マキノ省三が日本で初めて映画撮影を行ったのが1907年(明治40年)「狐忠信」という作品。残念ながら完成には至らなかったが、2006年はこの年から数えて100年目となる記念すべき年。その記念年に3代目マキノ監督“マキノ雅彦」”が誕生することとなった!



マキノ雅彦が初監督作に選んだ作品は中島らも原作の「寝ずの番」。

上方落語の一門で師匠、一番弟子、おかみさんが次々と亡くなり、それぞれのお通夜の席で“寝ずの番”をする弟子や故人ゆかりの温かい仲間たちが、悲喜こもごもの思い出話に花を咲かせる人情物語だ。ちょっとエッチで危ない爆笑エピソードの連続のなかに垣間見える仲間たちの強い愛情、絆が、爽やかな涙、何とも言えない小粋で心温まる感動を生み出している。

「津川雅彦という役者も雅弘に育てられた。いい芝居、悪い芝居のエッセンスは全部もらっている。マキノ節といわれるリズムを復活させたい!」と意気込む「寝ずの番」が遂に完成した。

CAST

  • 中井貴一 木村佳乃
  • 堺正章 笹野高史 岸部一徳 長門裕之 富司純子

STAFF

  • 企画・製作: 鈴木光
  • 原作: 中島らも
  • 脚本: 大森寿美男
  • 監督: マキノ雅彦(第一回監督作品)

製作:光和インターナショナル
協力:角川映画/配給:角川ヘラルド・ピクチャーズ/:(C)光和インターナショナル
カラー/1時間50分/6巻/3007m/ビスタサイズ/DTS/R-15